妊婦歯科

【妊婦歯科】

妊娠前・妊娠中の妊婦歯科治療

虫歯や歯周病などの妊婦歯科治療を受け付けております。妊娠前や妊娠中に虫歯のリスクを減らすことは、生まれてくるお子様の虫歯のリスクやお母様のストレス軽減につながります。虫歯など歯に関するお悩み、治療はお気軽にご相談ください。

妊娠をお考えの方

妊娠期の体調変化やお母さんの体と生まれてくる赤ちゃんへの影響、精神的な負担を考えると、妊娠時や出産後の授乳・育児の期間に歯科治療を受けなくてすむように事前に検診や治療を受けることが大切です。
(検診については、妊婦歯科検診のページをご覧ください。)

また、虫歯や歯周病を予防するためには、口の中を清潔に保つことが大切です。自分にあった歯の磨き方の指導を受け、歯磨きの習慣を身につけましょう。

妊娠中に虫歯や歯周病になりやすい原因

・つわりにより歯ブラシが難しくなるため、磨き残しが増えてしまう。
・食生活が偏り、だらだら食べが増え、口腔内が酸性の状態が続き、虫歯ができやすい環境になってしまう。
・口の中がネバネバになり、虫歯の原因菌が活動しやすくなる(唾液性質の変化による影響)。
・ホルモンバランスの変化による歯肉炎の発症。

妊娠中の歯周病は早産・低体重児出産の原因となります

妊娠中の歯周病は、妊娠前のからの予防、早期発見、早期治療が大切です。歯周病が進行した妊婦さんは、早産・低体重児出産などのリスクが高くなることが報告されています。

これは、妊娠中は女性ホルモン増加の影響で、通常よりも歯肉に炎症が起こりやすく、妊娠性歯周炎を引き起こすリスクが高まるためです。妊娠中に歯石を除去し、クリーニングすることによって早産や低体重児出産のリスクを減らすことが重要です。

妊娠中の歯科治療時期と内容

虫歯治療のタイミング

一番好ましい受診時期は妊娠16週〜です。

妊娠初期(1~4カ月)

切迫流産を起こしやすい妊娠初期は、腫れや出血、痛みなど、緊急処置が必要な場合をのぞいて、歯科治療はできるだけ控えましょう。

妊娠中期(5~8カ月)

安定期である妊娠中期は、歯科治療を受けるのに適した時期です。特別な配慮が必要なケースでなければ、治療に問題はありません。

妊娠後期(9カ月以上)

陣痛がいつ起こってもおかしくない妊娠後期は、治療はできるだけ避けましょう。治療が長引く場合は、産後の治療再開に備えて一度お休みします。

妊婦さんへのエックス線撮影や麻酔など

妊娠中のエックス線撮影

歯科用のデジタルエックス線撮影は、腹部から離れ、お腹の赤ちゃんへの放射線の影響は無視できるレベルです。さらに、防護エプロンを着用することで、被曝量の軽減をおこないますので安心して大丈夫です。

治療時の麻酔使用

妊娠中に局所麻酔(2%リドカイン)をしても、お腹の赤ちゃんへの危険性はほとんどないことが報告されています。疼みによるストレスを考えると、安定期であれば局所麻酔は使用した方がよいでしょう。

妊娠中の抜歯

安定期であれば抜歯は可能です。
かかりつけの産婦人科の先生と事前に相談しながら進めましょう。

出産後の口腔ケア

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中に、虫歯菌はありません。
離乳食をあげるときなどに、家族の方がかみ砕いて食べさせたり、スプーンを共有することで、唾液などから感染します。

赤ちゃんへの虫歯菌を完全になくすことは不可能です。
乳幼児は手づかみで食べる時期や、人に食べさせる行為をしたりする時期があることも理解しておいてください。
感染を恐れすぎることは、赤ちゃんの健康な体づくりと健全な発育に悪影響を与えることもあります。まずは、育児に関わる家族全員のお口の中を良好な状態に保ち、よい環境を受け渡すことが大切です。

このページのトップへ戻る