一般歯科・根管治療

【一般歯科・根管治療】
極力痛みの少ない治療を心がけています

極力痛みの少ない治療を心がけています。

歯がしみる、痛い・・・
そんなお口の悩みはありませんか?
早期治療が痛みの少ない治療への近道です。

虫歯治療

虫歯ができる原因

虫歯は虫歯菌(ミュータンス菌)による感染症です。

虫歯の進行と治療法

C0(初期)虫歯初期【症状】しみる、痛むといった症状はないが、白く濁っています。【治療】適切なブラッシングやフッ素塗布を行うことで治癒することがあります。
C1(軽度)虫歯軽度【症状】痛みはないが歯に黒ずみや穴ができる。【治療】経過観察または詰め物をします。削る場合も最小限で済みます。
C2(中度)虫歯中度【症状】冷たいものなどがしみる。【治療】詰め物や被せ物をします。ほとんどの場合麻酔が必要となります。
C3(重度)虫歯重度【症状】歯にひどい痛みがある。【治療】歯を大きく削ります。神経を取るケースもあります。クラウンなどの被せ物をします。
C4(最重度)虫歯最重度【症状】歯髄が死に痛みはなくなる。【治療】細菌に感染した根の清掃を行いますが、場合によっては抜歯が必要になります。

虫歯治療の流れ

STEP.1 検査(口腔内検査・歯周基本検査)

STEP.2 レントゲン撮影(不要な場合もあります)

STEP.3 治療法の説明

STEP.4 治療

STEP.5 メンテナンス

治療方法と回数

虫歯(小)コンポジットレジン(樹脂)を流し込んで固める1回
虫歯(中)詰め物 型をとってはめる2~3回
虫歯(大)被せ物 型をとってはめる2~3回

痛みに対する配慮

しっかり麻酔が効いてから治療を始めます。

麻酔注射の際にも
(1)表面麻酔薬を塗布し針が触れた時の痛みを和らげます。
(2)極細注射針を使用しゆっくりと注入することをここらがけています。

根管治療

根管治療とは

感染してしまった歯の根の中の菌を除去するために、機械的な清掃・科学的な清掃を行い、根管を安定させる治療です。

根管治療が必要なケース

歯髄まで虫歯が達してしまったC3(重度)およびC4(最重度)は、根の治療が必要になります。

このページのトップへ戻る